米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

EPO(ヨーロッパ特許)

長期にわたって話し合いがなされてきたヨーロッパ特許(Unitary Patent / EU Patent)の誕生がとうとう欧州特許庁より発表されました。

Unitary Patentの取得が可能になる具体的な期日は今正式には発表されていませんが、2014年の始め頃と予想されています。

これまで欧州で許可がされた特許は、そのまま権利行使をすることはできず、権利化を希望する国ごとにバリデーションの手続をする必要がありました。バリデーション後においても、各国に対して年金を納付する必要がありました。

あらたに誕生するUnitary Patentにおいては、許可通知受領後のバリデーションとしてこれまでの各国でのバリデーションに加え、Unitary Patent(25加盟国)としてバリデーションをする選択肢が与えられます。

審査に関しては、これまでの欧州出願と変わることはない模様です。

この歴史的な一歩の背景には昨今の不安定な経済状況があり、これに対する打開策の1つとしてイノベーションの促進とその補助としての制度の簡素化が図られたものであると発表されています。

より詳細な情報は、欧州特許庁のサイト(こちら)からご覧いただけます。

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、EPOがGoogleと協力をして、EPOデータベースにおける特許公報の翻訳機能を充実させました。現在翻訳可能な言語は、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語およびスエーデン語の6ヶ国語ですが、2014年末までには日本語、中国語および韓国語を含む32言語への翻訳を可能にする予定であるとEPOは発表しています。

実際にこの翻訳機能を使ってみましたが、とても使いやすく、瞬く間に翻訳を見る事ができ、とても便利です。EPOが提供するサーチおよび出願情報サイト、Espacenet(http://worldwide.espacenet.com/?locale=en_EP) もしくは公報サーバー (https://data.epo.org/publication-server/?locale=en_EP) から見たい公報にアクセスをすると、翻訳できる言語が選択できるようになっています。

ぜひ一度お試しください。

この記事に関する詳細は、以下のEPOのサイトをご覧ください。
http://www.epo.org/news-issues/news/2012/20120229.html
EPOの翻訳サイトへは、以下からアクセスができます。
http://www.epo.org/searching/free/patent-translate.html

2012年4月1日付で欧州特許庁(EPO)の料金が値上げされますので、注意です。

欧州各国に特許出願する方法として良く利用されている欧州特許出願ですが、特許出願中でも、出願後3年目から維持年金と称されるオフィシャルフィーを納付する必要があります。この維持年金が、2012年4月1日納付分より5%値上げされます。

この維持年金、納付期限日の3ヶ月前から納付可能となっていますので、6月までに納付期限日が来るものについては、3月末までに値上げ前の料金で前倒し納付することができます。維持年金は、高額です。この機会に前倒し納付を検討しましょう。

詳しくは以下のサイトでチェックしてください。

http://www.epo.org/law-practice/legal-texts/official-journal/ac-decisions/archive/20111129.html

 

欧州特許庁が2011年6月6日付けで特許出願に関する各種数値の統計を発表しています。今回の発表では2006年からの各種記録が発表されています。

出願数に関しては、2009年に一度落ち込みを見せた他は、2006年以降順調な伸びを見せ、2010年は23万5000件に増えました。2009年度と比べると23万7000件の伸びです。

国別の出願数をみると、今年もまた中国の伸びが目立ち、2001年には1828件であった出願数が2010年には12,698件と約7倍の伸びをみせています。韓国は2001年3047から2010年12342件と約4倍、台湾は299件から1167件への3.9倍、日本は26,074から41,917と約1.6倍の伸びです。

特許登録率を見ると、2006年との比較では、調査報告が出された後に出願が放棄される件数は18%から22%と4%の増加、審査中に放棄とされたものは、26%から35%と、9%の増加、そして特許登録は56%から43%と13%下がっています。

登録数が下がる中、Thomson Reuters と Intellectual Asset Management (IAM) magazineが共同で発表した主要国特許庁の審査の質を比較した情報をみると、欧州特許庁の審査質は群を抜いて素晴らしいと評価されている模様です。

より詳細な情報は、欧州特許庁のサイト(こちら)および(こちら)をご覧ください。
欧州許庁は、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震を受け、災害時の救済措置に関するルールの適用を発表しています。

今回の日本における災害に対する救済措置として、EPOはヨーロッパ特許条約規則134(5)に記載のルールを再度確認する内容を2011年3月15日付けで発表しています。該当の規則は以下の通りです。

規則 134 期間延長
(1) 期間が,規則 35(1)に基づく欧州特許庁の提出場所の 1 が書類の受付をしない日,又は(2)にいう以外の理由で,郵便がそこに配達されない日に満了するときは,その期間は,その後の,すべての提出場所が書類の受付をし,また,郵便が配達される最初の日まで延長する。

第 1 文は,規則 2(1)に基づいて欧州特許庁長官が許可する技術的通信手段の 1 によって提出48される書類を受領することができない場合に準用する。 

(2) 期間が,締約国における郵便の配達又は発送に全般的混乱が生じている日に満了する場合は,その期間は,当事者であって,その国に居住しているか又はその国に営業所を有する代理人を指定している者に対しては,混乱期間の終了に続く最初の日まで延長する。その国が欧州特許庁の所在する国であるときは,この規定は,すべての当事者及びその代理人に適用する。この規定は,規則 37(2)にいう期間に準用する。 

(3) (1)及び(2)は,手続が,管轄当局に対し,第 75 条(1)(b)又は(2)(b)に従って行われる場合に準用する。 

(4) (2)に基づく混乱の開始の日及び終了の日は,欧州特許庁が公告する。 

(5) (1)から(4)までを損なうことなく,関係当事者は,期間満了に先立つ 10 日間の何れかにおいて郵便の配達又は発送が混乱し,その原因が異常事態,例えば,自然災害,戦争,内乱,規則 2(1)に基づいて欧州特許長官が許可している技術的通信手段の何れかにおける全般的機能停止,又は当事者若しくはその代理人が居住し若しくはその営業所を有している地域における他の類似の事由であることの証拠を提出することができる。提出された証拠を欧州特許庁が認めるときは,遅れて受領された書類は,期限内に受領されたものとみなす。ただし,郵送又は発送が混乱終了後遅くとも 5 日目に行われることを条件とする。 

欧州における救済措置に関しご質問等ありましたら、ご遠慮なく恵泉までお問い合わせください。

ご存知の通り、2010年4月1日より、欧州特許出願について、分割出願の時期的制限についての制度改正が施行されています。

これまでは親出願が継続中であればいつでも分割出願は可能でしたが、2010年4月1日以降は親出願に対して「最初の審査報告がだされてから24ヶ月以内まで」と制限が加わりした。ただし、基礎となる親出願が審査に係属していることが条件となっていますので注意が必要です。

また、新ルール施行前に審査報告が出されている出願を考慮し、2010年4月1日から6ヶ月間、猶予期間が与えられています。つまり、分割期限の満了日が2010 年4 月1日より前、または2010 年4 月1 日から6 か月以内の場合には、2010年4 月1 日から6 か月間(2010 年10 月1 日まで)は分割出願をすることが可能となっています。

尚、最初の審査報告が出された後に、単一性に関する審査報告をExamining Division(審査部)より受け取った場合には、起算日がセットオフされ、単一性に関する拒絶が起算日となります。

先述の猶予期間満了まで3ヵ月をきっていますので、再度ご自分の欧州出願を見直し、分割出願の期限をおよび必要性を検討することをお勧めいたします。

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)