米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

米国特許商標庁(USPTO)が医療機器テクノロジーパートナーシップミーティングを主催します

この記事を恵泉の新サイトで見る
USPTOは、メディカルディバイス(医療機器)テクノロジーのパートナーシップミーティングを主催することを発表しています。

ミーティングには、医療機器産業関係者および特許審査官、またUSPTO内、テクノロジーセンター3700(メカニカルエンジニアリング、生産およびプロダクト)のディレクターが参加し、医療機器産業コミュニティーの発展と拡大に向けてのアイデア、経験、知恵、およびベストプラクティスに関する議論がなされるとのことです。このミーティングへの参加は登録制となっていますので、ご興味のある方はUSPTOのサイト(こちら)をご参照の上、事前にお申込ください。

ミーティングの詳細は以下の通りです。
日時:2011年11月29日
場所:USPTOキャンパス内、 
    Global Intellectual Property Academy (GIPA)
      600 Dulany Street
          Alexandria, VA  22314

パネラー:  Bruce Kisliuk, Assistant Deputy Commissioner for Patents, Mechanical Disciplines, USPTO
            Sharon Gibson, Group Director TC 3700, USPTO
            Don Hajec, Group Director TC 3700, USPTO

モデレーター: Angela Sykes, Group Director TC 3700

医療機器産業は、生命の健康には欠かせない産業である反面、その開発には多額の資金が必要とされるため、USPTOはDepartment of Commerce (米国商務省)およびオバマ政権と共に法整備に取り組んでいます。また、米国商務省とSmall Business Administration (http://www.sba.gov/)は、資金面でのバックアップ体制を整えています。

これら政府を挙げての政策の背景には、医療機器の開発により救われる命の問題だけでなく、医療機器産業が技術の開発段階で生み出すエンジニアやリサーチャーの雇用、技術を基に立ち上げられるスタートアップが生み出す雇用、そして広がる投資の可能性等、国の産業を動かすには欠かせない要素が存在します。

知的財産を専門とした国の機関、特許庁がある特定の産業に焦点を充てた対策をする様子には、経済動向の1つの側面が見え、とても興味深い動きではないかと思量します。

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)