米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

【米国】USPTOは、審査状況の透明化を図るためData Visualization Centerが開設しました。

この記事を恵泉の新サイトで見る
現在、米国特許商標庁(USPTO)では現在700,000を超える出願が審査待ちの状態にあります。
USPTOは、これを、審査の遅滞が"foregone innovation (過ぎ去った発明)"を生み権利が確立されていないために何十億もの損失がもたらされる事態になるであろう深刻な状況と認識し、 この状況を改善するために、各種政策を実施しようとしています。
 
この改善策の一環として、USPTOは審査処理状況をダッシュボード形式にビジュアル化したサイトを2010年9月7日付けで発表しています。
 
このサイトにはこちら(↓)からアクセスできます。非常に見やすいサイトです。ぜひ一度ご覧ください。
http://www.uspto.gov/dashboards/patents/main.dashxm

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)