米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

日本人弁理士にとって英語で仕事をすることの辛さ

この記事を恵泉の新サイトで見る
今日、米国のクライアントと新規特許出願の打ち合わせを電話会議でやった。 いつもやっていて、そして毎回思うが、このようなアドバイス系プロフェッショナル(弁理士・弁護士の仕事もこれに入ります)の仕事を英語でやるのは日本人にはちょっときつい(米国の資格を持っていたとしても)。電話会議で皆がディスカッションするのをリードして、適宜、気の利いたことをいい、それらしくかつ力強くアドバイスしなければならないが、日本語で日本人のクライアントに対してやるのとは勝手が違う。これからは、日本人はどんどんグローバルに出ていかなければならないでしょうけど、今までのようなメードインジャパンの品質の良い物見せて無言で売っていくようなやり方は通用しなくなり、自分自身と無形の知財を交渉力でどんどん売っていかなければならない時代。日本人はやっていけるのか、自分も含めて不安だなと思う。
(T)

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)