米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

技術そのものではなく、技術のニーズにまず目を向ける

この記事を恵泉の新サイトで見る
日本の技術を対象とした知財育成ファンドの投資家がプライベートセクター(民間)である場合には、その投資家は、投資対象の技術そのものに興味を有し、かつファンドの出口戦略に興味があるはずです。
「投資対象の技術に興味を有する場合」とは、特定の個別技術に興味を有する場合もあるでしょうし、漠然と「日本のIT技術」に興味を有する場合もあるでしょう。
「ファンドの出口戦略に興味がある場合」とは、例えばファンドがどこかの民間企業に売却されていく場合には、そのような民間企業が興味を示す技術であるかということに興味があるということでしょう。
いずれにしても、投資家としては、自分自身の興味およびファンド売却先の民間企業の興味に関心があるわけです。
したがって、投資対象となるべき技術は、民間企業が興味を持ち、かつ投資家が興味を持つものであるべきです。
上記のような事情に鑑み、我々技術ブローカーは、技術から出発するのではなく、投資家および売却先の民間企業のニーズから出発しなければなりません。

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)