米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

【フィラデルフィア補習校】東北地方太平洋沖地震などの被害に対する義援金ファンドのお知ら せ

この記事を恵泉の新サイトで見る
----------------------------
【補習校】東北地方太平洋沖地震などの被害に対する義援金ファンドのお知ら

------------------------------
2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」などの被害に対して、
フィラデルフィア日本語補習学校(JLSP)は、フィラデルフィア近郊の日本関
連7団体(J-7)の一員として、フィラデルフィア日米協会(JASGP)の発案に
よる義援金ファンド 『Philadelphia Japan Disaster Relief Fund』を積極支援す
ることを決定いたしました。
当ファンドにより集められた募金は日本赤十字を通じて被災地および災害にあ
われた方々に直接届けられるように設定されています。

チェックによる寄付金の受付
  チェック宛名:Philadelphia Japan Disaster Relief Fund
 送り先:Philadelphia Japan Disaster Relief Fund
        c/o Beneficial Bank
        4733 West Chester Pike
        Newtown Square, PA 19073

現金による寄付の問い合わせについては、当校でもJ-7で用意した募金箱を預か
りますので、そこに寄付金を集め、事務局で管理します。
補習校授業日(4月2日以降)の募金箱設置場所については、別途ご連絡しま
す。
また、Paypal等Internet経由の募金についても、現在設定中です。準備が整い次
第、ご連絡します。

生徒会主催やそのほか当校独自の発案により、募金活動を展開した場合は、そ
の最終金額を代表者が『Philadelphia Japan Disaster Relief Fund』に募金しま
す。

領収書の発行を依頼する方は、募金時に名前(フルネーム)、金額を記録し、
事務局に正確にお伝えください。後日、改めてお礼状を発行いたします。その
旨を事務局にご確認ください。

皆様の積極的な募金活動参加をお願いしますと同時に、周辺の方で、補習校を
通じて募金をしたいという方には、本内容をお伝えいただきますようによろし
くおねがいいたします。

本支援に関する日本語補習校の問い合わせ先は
事務局:Tuesday ~ Friday : 10:00 AM ~ 4:00 PM
Phone: (610) 642-1202
E-Mail: staff@jlsp.us

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)