米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

優先権の回復について

この記事を恵泉の新サイトで見る
近年の特許法条約(Patent Law Treaty)への加盟に伴い、米国は優先権の主張期間(特許は12ヵ月、意匠は6ヵ月)経過後であっても、当該期間経過後2か月以内の出願に対して外国出願に基づく優先権の回復を認めるよう規則の改正を行いました。

優先権の回復を行うためには米国特許商標庁に対して所定の請願費用(1,700ドル、中小企業については850ドル(2014年10月31日時点))と共に請願書を提出し、当該請願書において徒過が意図的ではなかった(unintentional)ことの陳述を行うことが必要となります。

日本ではこのような優先権の回復に関する規定は設けられておりませんので、日本での実務感覚に基づくと米国での優先権主張の機会を逃してしまうおそれもあり注意が必要です。

優先権の回復手続き自体は比較的に容易ですが、種々の留意点もありますので、米国出願に際しては専門家である米国弁理士まで必ずご相談ください。

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)