米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

USPTO、審査を最大12月間遅らせるパイロットプログラムを導入

この記事を恵泉の新サイトで見る

11月号のUSPTOのニュースレター「InventorsEye 」で、USPTOは、出願時にUSPTO支払う費用の一部(調査料及び審査料)の支払いを12月間猶予する制度を試行(パイロットプログラム)すると発表しました。これによれば、出願時にUSPTOに支払うのは出願料だけでよくなるため費用が約  ドル(大規模団体の場合)安くなります。 この支払い延期の手続き選択した場合、審査開始自体も12か月送れることになります。このパイロットプログラムの実際の開始時期等については、後日正式に発表される予定ですので、発表されたらこのサイトでお知らせいたします。

ニュースレター→ http://www.uspto.gov/inventors/independent/eye/201011/cover.jsp

(矢口太郎 米国弁理士)

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)