米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

米最高裁がMicrosoft vs i4i の上告申請を審理すると決定しました。

この記事を恵泉の新サイトで見る

特許を侵害裁判で無効にするには、「clear and convincing evidence of invalidity」 が常に必要であるか?これについて、米最高裁が判断することになりました。

マイクロソフトは、裁判所が特許庁で引用されていなかった先行技術を理由に特許が無効であると判断する場合、裁判所は、これまでの判断基準を下げるべきであるとと主張しています。すなわち、裁判所では、特許の有効性が争われる場合、その特許を無効にするには、「clear and convincing evidence」が必要であるとの判断基準を適用してきましたが、先行技術が特許庁で引用されていなかったものである場合には、少なくとも、その基準を下げて、特許の無効を容易にせよとしているものです。(私の理解では)

このケースについては随時レポートします。

矢口(弁理士 日・米)

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)