米国特許出願、米国特許の取得を支援する米国弁理士・米国特許弁護士の情報サイト

仮出願について

この記事を恵泉の新サイトで見る

「仮出願」とは、12カ月以内に仮出願を優先権主張の基礎として「本出願」をしないと、自動的に放棄されてしまう、文字通り仮の出願です。仮出願は審査されないので、費用が非常に安く、かつ優先権を確保できるという利点があります。

典型的な利用方法は、大学や個人発明家のようにライセンス先が決まるまでは初期費用が掛けられない出願人が優先権を確保するために出すような場合です。本出願と異なり、様式や必要書類について細かい要件がないので、気軽に利用できるのが特徴です。たとえば、クレームを記載する必要もありませんし、情報開示や宣誓供述書等を揃える必要がありません。

仮出願は日本語等の英語以外の言語でも行うことができます。

仮出願がパリ条約優先権主張の基礎(基礎出願)になりうるかについては議論がありますが、ほとんどの国、少なくとも、日本、欧州では認められています。また、仮出願に優先権を主張して国際出願を行うことも可能で、日本の大学も多くがこの仮出願制度を利用しています。

私たちがこのサイトに情報を提供しています!

  • 米国/日本弁理士 矢口太郎
  • 米国弁護士 竹下このみ
  • 米国弁護士 大澤淑子
  • 米国弁理士 小林明子
  • 米国パテントエージェント 尾城日奈子
  • 特許技術者 山口美紀

連絡先:
KEISEN ASSOCIATES
Suite #1300
Eight Penn Center Bldg.
1628 JFK Blvd, Philadelphia
PA 19103, USA
T. 1-215-701-6349
F. 1-215-751-0192
usmail@keisenassociates.com

日本での連絡先:
恵泉国際特許事務所
03-5298-6552(代表)